くらし情報『山本裕典が舞台で女性役に初挑戦。相手役に彩乃かなみ』

2015年8月14日 16:10

山本裕典が舞台で女性役に初挑戦。相手役に彩乃かなみ

山本裕典が舞台で女性役に初挑戦。相手役に彩乃かなみ
山本裕典が初めて女性役に挑戦することで話題の舞台、「夜の姉妹」で本日全キャスト情報が解禁された。

作品は劇団リリパットアーミー2の20周年記念で上演されたゴシックホラーの名作。19世紀ドイツにあったバーデン大公国に起きた悲劇を、男性と女性をそっくり入れ替えた配役で上演する“男女完全入替劇”だ。主人公の女流作家アレクサンドル・デュマを演じるのが山本裕典。山本は蜷川幸雄演出『トロイラスとクレシダ』にトロイラス役で出演したほか、ドラマ『タンブリング』など、数々のドラマ・舞台で活躍中だが、女性役を演じるのは今回が初めて。

そのほかのキャストには、悲劇の皇太子ラインハルト役に元宝塚歌劇団・月組娘役トップで退団後も精力的に舞台で活躍している彩乃かなみ。舞台となる女子校を経営をする男爵夫人に粟根まこと、それを助ける女性教師に黄川田将也。メイド役に近江谷太朗、やがて彼女の養子となる孤児に菊地美香。さらに注目の若手俳優・佐藤永典平野良らが出演。脚本・演出はオリジナルと同じく、わかぎゑふが手がける。

公演は12月11日(金)から20日(日)まで東京・品川プリンスホテル クラブeX、12月23日(水・祝)から27日(日)まで大阪・近鉄アート館にて。チケットの一般発売は10月25日(日)午前10時より。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.