くらし情報『高畑淳子が体当たりで魅せる“九転十起”の不屈の精神』

2017年9月27日 18:00

高畑淳子が体当たりで魅せる“九転十起”の不屈の精神

「出だしからの活気とテンポ感、そして空気が変わっていく時の緊張感を大事にやっていきましょう」。田村のこの言葉で、通し稽古がスタートした。大阪の街を想起させるにぎやかな効果音と、心を沸き立たせるジャジーな音楽に乗って、個性豊かなキャラクターが次々に登場する。商売には関心を持たず、趣味の稽古事にいそしむ夫・広岡信五郎(赤井英和)、浅子の忠義な腰元・小藤(南野陽子)、両替商加島屋の主人・広岡正饒(小松政夫)、正饒の次男・正秋(田山涼成)など。田村の狙いどおり、軽快なテンポで人々が現れるたびに、稽古場の空気が西の地の朗らかな熱気に変わっていく。満を持して、袖を振り回して闊歩する浅子が登場すると、ひときわ華やかな笑い声が沸き起こった。若い浅子がどんどん商売にのめり込んでいく、疾走感のある展開が小気味良い。はつらつと飛び回る高畑と、のほほんと構える赤井の組み合わせの妙。そして要所に独自の芸を挿し込んでくる小松の怪演に、抱腹せずにはいられない。女だてらに乗り込んだ炭鉱で、浅子は飯場主・熊田(芋洗坂係長)や坑夫たちと衝突する。ピストルを構えて、商いへの覚悟を見せる浅子。熊田たちはその心意気に打たれて協力的になるが、次には炭鉱の爆発事故が起こり…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.