くらし情報『『吼える』、新しい“令和”にこそまっすぐな舞台を』

2019年4月26日 18:00

『吼える』、新しい“令和”にこそまっすぐな舞台を

『吼える』、新しい“令和”にこそまっすぐな舞台を

(画像左から)清水一輝、えのもとぐりむ、宮迫博之撮影:源賀津己


令和1日目……5月1日(水・祝)に開幕する『吼える』は5日(日・祝)まで東京・CBGKシブゲキ!!で、10日(金)~12日(日)に大阪・ABCホールにて上演される。プロデュースした清水一輝は「1度この舞台の改稿前の作品を観た瞬間から“やりたい!”と思っていました。今の時代だからこそ響くメッセージが込められているので、『令和』の初日と公演初日が重なり、新しい時代の幕開けにぴったりな作品だと思い企画しました」

【チケット情報はこちら】

上演にあたり『クジラの歌』を『吼える』に改題・改訂。「26歳の時に書いた若いセリフとエネルギッシュなシーンが多かったので、落ち着いたセリフに変え、大人が演じて腑に落ちる作品にしました。過去の上演とはまったく違う作品になっています」(脚本・演出/えのもとぐりむ)。タイトルは“吼える”と“ホエール(クジラ)”をかけている。しかし吼えるシーンはない。「人間の中身が吼えるのを観てほしい」と言う。

Wキャストで出演する宮迫博之は、多忙な日々のなか清水に何度も口説かれ「好きなやつらにお願いされたら、やりますよ」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.