くらし情報『宮本亜門『イノサン』に「現代へのメッセージ」古屋敬多らが抱負』

2019年6月27日 13:30

宮本亜門『イノサン』に「現代へのメッセージ」古屋敬多らが抱負

宮本亜門『イノサン』に「現代へのメッセージ」古屋敬多らが抱負

『イノサンmusicale』製作発表の模様(下段左から)梶裕貴、MIYAVI、宮本亜門武田航平(上段左から)深沢桂子太田基裕古屋敬多Lead)、浅野ゆう子、横内謙介


中島美嘉と古屋敬多Lead)がW主演を務める『イノサンmusicale』の製作発表が行われ、演出の宮本亜門、脚本の横内謙介、音楽監督・作曲の深沢桂子、楽曲提供のMIYAVIのほか、キャスト5人が登壇した。

坂本眞一のマンガ『イノサン』『イノサンRougeルージュ』を原作とするこの舞台。18世紀のフランス革命下で国王ルイ16世らを極刑に処した実在の死刑執行人シャルル=アンリ・サンソンと、その妹マリー=ジョセフ・サンソンの壮絶な生き様が描かれる。

宮本は、原作を「マンガを超えたアート」と評する一方で「残虐で生々しく、目を覆いたくなるものまで見せる大変チャレンジ精神の強い作品」と紹介する。オファーを受けるにあたって原作者の坂本と対話を重ね、彼の抱える“現代日本における女性差別への怒り”が中島演じるマリーへ投影されていることに触発されたというエピソードを披露。「舞台でもフランス革命のリアルな裏側を立ち上げ、現代人に通じるメッセージを送れたら」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.