くらし情報『山田うんが演劇初演出、前田旺志郎が初主演の舞台が1月開幕』

2019年12月19日 17:15

山田うんが演劇初演出、前田旺志郎が初主演の舞台が1月開幕

前田旺志郎、山田うん撮影:源賀津己

前田旺志郎、山田うん撮影:源賀津己


1980~90年代、野田秀樹、渡辺えりらに並び、日本の小劇場ブームを牽引した作家・演出家の如月小春の戯曲『NIPPON・CHA!CHA!CHA!』が1月10日(金)からKAAT 神奈川芸術劇場で上演される。マラソンでオリンピックを目指し、日本中の期待を一身に背負って生きる若者の孤独と挫折を描いた本作は、「ダンス版」と「演劇版」の二部構成で上演。日本のコンテンポラリーダンスをリードし、世界で活躍し続ける振付家・ダンサーの山田うんが、構成・振付、さらには初めて演劇の演出に挑戦する。幼少期より兄とのお笑いコンビ「まえだまえだ」として活動し、現在では俳優として活躍する前田旺志郎が主人公のカズオ役を演じる。

【チケット情報はこちら】

山田は現在の創作状況について、 「一人一人の個性や物語が日に日に際立っていく。やりがいがあって、見応えがあって、スピード感があって、本当に駆け抜けている」と語る。初めての演劇の演出ということで、手探りな場面もあるようだが、「家族のようにみんなで作っている」という。

作品で描かれる舞台は、高度経済成長期に入る少し前の日本で、本作の初演は1988年にまで遡る。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.