くらし情報『ノーベル賞受賞100年を記念した『アインシュタイン展』名古屋市科学館にて開催』

2021年3月8日 11:53

ノーベル賞受賞100年を記念した『アインシュタイン展』名古屋市科学館にて開催

ノーベル賞受賞100年を記念した『アインシュタイン展』名古屋市科学館にて開催

3月20日(土)〜6月6日(日)の期間、名古屋市科学館にて「ノーベル賞受賞100年記念『アインシュタイン展』」が開催される。

本展では、1921年にノーベル賞を受賞した“20世紀最高の物理学者”アルバート・アインシュタインの科学理論や、日本とのつながりについて、国内外の貴重な資料やゲーム体験などを通して紹介。子供たちが楽しみながら学べる内容となっている。

今回、見どころのひとつとなっているのがゲーム体験だ。例えばアインシュタインが発見した「光速度不変の原理」によって起きる不思議な現象を体験できる「爆弾解除!光速サイクリング」は、1年後に爆発する爆弾を自転車に乗せ、光の速さでも2年かかる惑星までこぐというシミュレーションゲーム。ドキドキハラハラのゲームを通して、時間と距離が伸び縮みする世界の変化を体感できる。また、「光は粒子であり、波でもある」と二面性を発見し、ノーベル物理学賞を受賞したアインシュタイン。「光の粒で電子を飛ばそう!」のコーナーでは、光の粒に見立てたボールを、的に当てるゲームを体験できる。様々な色のボールを的に当てると「でんしくん」が飛び出し、ボールの色によって、でんしくんが飛び出す高さが違うのはなぜなのか、光の秘密を学びながら、より多くのでんしくんを飛ばして、高得点を目指して楽しもう。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.