くらし情報『これは一級のエンタメだ!新国の新制作カルメン』

2021年7月5日 14:15

これは一級のエンタメだ!新国の新制作カルメン

新国立劇場 カルメン 2021

撮影:寺司正彦提供:新国立劇場


大胆な読み替えが大きな話題を呼んでいる。新国立劇場のオペラ2020/2021シーズンを締めくくる新制作のビゼー《カルメン》が幕を開けた(7月3日初日)。
斬新な演出でカルメンをロック・シンガーに仕立てたのはスペインのアレックス・オリエ。バルセロナ五輪の開会式も手がけた彼のオペラ演出は、一昨年、新国立劇場と東京文化会館がタッグを組んだプッチーニ《トゥーランドット》のスペクタクルな舞台でも強烈な印象を残した。
第1幕はセビリャの衛兵詰所でも女工たちの働く煙草工場でもなく、鉄パイプで組まれた野外ライヴの特設ステージ。ホセたちが所属する日本の警察が配置されている。カリスマ・シンガーのカルメンは、胸元や手足にタトゥーを入れ、60年代風のドット柄の真っ赤なミニのドレス。マイクに向かって〈ハバネラ〉を歌う。さしづめ彼女の最大のヒット曲というところか。
オリエによれば舞台の設定は現代の日本。東京で開催されるスペイン・イベントで闘牛のエキシビジョンが行なわれ、スペインからエスカミーリョやカルメンがやってきたのだ。現実の闘牛士もオフはもちろん私服だろう。第2幕の酒場リーリャス・パスティアに強面スーツで現れたエスカミーリョは、客たちに請われて矢沢永吉ばりのマイク・パフォーマンスで〈闘牛士の歌〉を歌う。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.