くらし情報『カリフォルニア流 「収納しない収納」って?』

2018年9月21日 11:50

カリフォルニア流 「収納しない収納」って?

収納というのは本来、クローゼットの中とか、引き出しの中とか、ダンボール箱の中とか、アメリカの場合はガレージとか、そういうある限られたスペースの中に、かなりたくさんのモノを整理して納め込むことだと思います。

私個人としてはデザイナーという職業柄、常に分類不可能、整理不能な種々雑多なものを大量に溜め込んでいる状況です。

今回は、私が実践している「収納しない収納」をご紹介します。

■ 建築家・SANAAの“テーブル理論”って?
収納しない収納

収納に困る小さな物は、そのままディスプレイするしかない! はしごや木製のラックもディスプレイ収納に便利。ディスプレイ収納は究極の収納しない収納

建築家・SANAAの“テーブル理論”をご存じでしょうか。

テーブルの上がいっぱいになったため、新たにテーブルを用意します。

100あったモノが、2つのテーブルが使えるため、50ずつになることで、かなり余裕ができると思ったら大間違い、100があっという間に200になるのです。
スウェーデン製のアルミのゴミ箱。ゴミ箱にするには余りにもきれいで、バス用品のストレージにしている。オーバルのジンク(亜鉛)のバスケッ卜は本来飲み物を冷やすためのアウ卜ドア用ですが、今は靴収納に

スウェーデン製のアルミのゴミ箱。ゴミ箱にするには余りにもきれいで、バス用品のストレージにしている。オーバルのジンク(亜鉛)のバスケッ卜は本来飲み物を冷やすためのアウ卜ドア用ですが、今は靴収納に

■ オープンディスプレイで“収納の場”を作る
帽子の丸い箱は、重ねて使えるので便利

帽子の丸い箱は、重ねて使えるので便利

私の場合、収納してしまうこと自体に大きな問題があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.