くらし情報『野菜がおいしくなるけど意外と難しい「50℃洗い」成功のヒント』

2015年8月13日 18:30

野菜がおいしくなるけど意外と難しい「50℃洗い」成功のヒント

野菜がおいしくなるけど意外と難しい「50℃洗い」成功のヒント


「ヒートショック」という現象によって葉っぱの表面の気孔が開くため、細胞が水分を取り込んでみずみずしく蘇る魔法の調理法、それが「50℃洗い」。

野菜は採りたてさながらの鮮度になり、肉や魚からはうまみが引き出され、雑菌が落ち、甘味が増える……など、いいこと尽くめの調理法です。

しかし、絶対に守らなければならない注意点もありました。

それは「温度」。

範囲は約48~52℃。しかも43℃以下は菌が繁殖するのでNGという、なかなか厳しい鉄板ルールがあるのです。そのため、「試してみたものの、やめてしまった」という人も多いのでは?

でも、そんな方に朗報です!人気の管理栄養士である望月理恵子さんが、50℃洗いの簡単なコツを教えてくださったのです。

■「50℃洗い」中は48~52℃を維持しないとダメ

望月さんも、「50℃洗いをすると汚れが落ちやすく、鮮度がよくなったり、旨味が増えたりします。保存性も高まりますが、温度を間違えるとこれらの効果が逆に働くこともあります」と警鐘を鳴らします。

40℃前後の低温で洗うと逆に雑菌が増えたり、60℃以上になると野菜の細胞膜が壊れたり、旨味が逃げ出してしまうのだとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.