くらし情報『資料修正が3度目なら無視!無駄な残業を増やすダメ上司の対処法』

2015年12月13日 19:00

資料修正が3度目なら無視!無駄な残業を増やすダメ上司の対処法

資料修正が3度目なら無視!無駄な残業を増やすダメ上司の対処法


日本では、なぜか残業している人が評価される傾向にあるため、つい長時間労働をしてしまいがち。

『Vorkers』の調査で、平均的な日本人は月に約47時間も残業していることがわかっています。

残業は、あまり多いとうつや不眠につながり、心や心が悲鳴をあげるケースも……。

では、残業時間を短くするにはどうすればいいのか?残業を増やしている原因が上司にあれば、そこをなんとかすることが先決です。

そこで、『@DIME』で「あるあるビジネス処方箋」を連載しているジャーナリスト・吉田典史さんに、ダメ上司のパターンごとにベストな対処法を教えていただきました。

■1:定時に帰ると「あいつはやる気がない」と評価を下げてくる上司の場合

いちばん厄介なのが、残業しないと評価してくれない上司。もし上司がこういうタイプだったら、「自分とは違う人間なんだ」と思って、あきらめるという選択をした方がいいそうです。

吉田さんは、「そもそも上司や会社に期待してはいけない。期待をするから、余計なストレスになってしまう」といいます。

上司と残業の考え方が違うと思ったら、理解を求めないで、深入りを避けましょう。

■2:業務量が多いのに減らしてくれない上司の場合

残業は、むちゃくちゃな業務量のせいで発生するケースも少なくありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.