くらし情報『最高額は867万円!高給取りを多く輩出している大学トップ10』

2016年3月22日 19:00

最高額は867万円!高給取りを多く輩出している大学トップ10

目次

・10位:ウースター工科大学
・9位:カーネギーメロン大学
・8位:バブソン大学
・7位:ニューヨーク海事大学
・6位:スティーブンス工科大学
・5:ローズ・ハルマン工科大学
・4位:スタンフォード大学
・3位:カリフォルニア工科大学
・2位:マサチューセッツ工科大学
・1位:ハーベイマッド大学
shutterstock_208784257


転職サイト『DODA』の調査によれば、東京大学卒業生の平均年収は729万円、京大は677万円。

名門校に入ったからといって、必ずしも高給取りになれるわけではありません。しかし、まったく関係がないわけでもなさそうです。

インドのニュースサイト『silicon india』では、アメリカの大学卒業生の平均収入がランキングにされています。留学を考えている人は必見です。

■10位:ウースター工科大学

アマゾンやIBM、ボーイングなどの企業へ卒業生を輩出しているウースター工科大学。平均初任給は63,400ドル(約720万円)で、中堅になるころには110,300ドル(約1,253万円)まで上がります。

■9位:カーネギーメロン大学

在学中から就職後を見据えて問題発見、解決能力に力を入れている大学です。初任給64,000ドル(約727万円)の卒業生もいます。

■8位:バブソン大学

学生が企業と出会える機会を年に何回も設けている、バブソン大学。キャリア形成のための支援が充実しています。学期ごとに15ほどの企業を呼んでおり、平均初任給は61,500ドル(約699万円)です。

■7位:ニューヨーク海事大学

海に関連する職種全般に強い海事大学。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.