くらし情報『下品なマウンティング三昧!大金ゲットで豹変する「傲慢症候群」』

2016年8月18日 18:28

下品なマウンティング三昧!大金ゲットで豹変する「傲慢症候群」

目次

・よく「お金は怖い」といわれる理由
・豹変してしまった傲慢症候群の女性
・豹変する女性は元々金銭欲が強め!
suzie.20160819


「過去の栄光」をよりどころにして、現在の自分を過大評価しているため、目の前の現実をきちんと認識できなくなる。その結果、独善的で横暴になってしまう……。

そんな「傲慢」な人が増えていると指摘するのは、『オレ様化する人たち あなたの隣の傲慢症候群』(片田珠美著、朝日新聞出版)の著者。

精神科医として臨床に携わりながら、犯罪心理や心の病の構造を分析しているという人物です。

精神分析的な視点で、社会問題にも積極的に携わっているそうですが、そんな立場上、どうしても傲慢な人たちのことが目についてしまうというのです。

■よく「お金は怖い」といわれる理由

本書では傲慢な人たちのことを、「傲慢症候群」と呼んでいます。

これは政治家であると同時に精神科医でもある、イギリスのデービッド・オーエン元外相が提唱したものだそうです。

オーエン氏は「傲慢症候群」について、病気ではなく、「権力の座に長くいると性格が変わる人格障害の一種」だと考えているのだといいます。

たしかに、「権力を握ってからおかしくなった」といわれるような人はどこにでもいるもの。

同じように、お金に関連した「傲慢な人」の話もよく聞きます。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.