くらし情報『ほとんどの人が知らない「賃貸契約で賃料1ヶ月分」安くする秘策』

ほとんどの人が知らない「賃貸契約で賃料1ヶ月分」安くする秘策

目次

・礼金は「なしにして」と言えば削れる
・礼金なしでも大家さんは損をしない!
・大切な礼金が意外と簡単に削れる理由
・仲介業者はどうやって儲けているのか
shutterstock_317837162


賃貸マンションや賃貸アパートを契約する際、だいたい敷金や礼金が必要になりますよね。

「預かり敷金」という言葉があることからもわかるように、敷金は入居時に管理会社や大家さんに預けるお金。ほとんどの場合、退去するときの原状回復費用に充てられます。

一方、礼金とは、大家さんに支払う「謝礼金」のことです。これを仕方なく支払っている人は多いはず。

しかし、実は賃貸マンション契約金を賃料1ヶ月分安くする秘策が、この「礼金」に隠されているのです!

■礼金は「なしにして」と言えば削れる

礼金が謝礼金である以上、大家さんにとっては臨時収入、いわゆるボーナスのようなもの。

私たちは、当たり前のように「支払わなければならない」と思っていますよね。

でも、「なしにしてくれませんか?」とひとこと相談すれば、意外にすんなりと「なし」になってしまうことも多いのです。


大家さんにとって礼金は、大切な「収入」。

そのため、交渉も難しいのではないかと思われがちですが、なぜすんなり削れてしまうのでしょうか?

■礼金なしでも大家さんは損をしない!

礼金が削れるとしたら、そのぶん大家さんの収入が減るように思えますが、実は収入は減っていないのです。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.