くらし情報『3人に1人が後悔している!賃貸契約時に見落としNGなポイント』

3人に1人が後悔している!賃貸契約時に見落としNGなポイント

目次

・賃貸契約者の3人に1人が後悔している!
・現状有姿のままで引き渡す時は注意が必要
・仲介業者は入居者へちゃんと説明している
・賃貸はすぐ契約解除すると違約金が発生!
shutterstock_137624615


そろそろ秋の転勤に向けて、住み替えを考えている人は多いのではないでしょうか?

賃貸マンションや賃貸アパートを探す際、住みたい「エリア」と「家賃の予算」を定め、仲介業者に問い合わせをしたり、来店したりしますよね。

そして、見てみたい物件があれば内見をお願いすると思いますが、この内見、どこを見てチェックしていますか?

恐らく、「室内は綺麗であるか」「どこに何を置けるのか」ではないでしょうか?

その他の設備や条件などについてはあまり気にせず、申込みや契約を行う人がわりといます。

しかし、はたして、室内が綺麗で、エリアと家賃があえば、それでオッケーとしても大丈夫なのでしょうか?

今回は、賃貸契約時に確認しないと後悔するポイントをお伝えしたいと思います。

■賃貸契約者の3人に1人が後悔している!

私は仲介業者の人間ですが、日々の業務の中で感じていることは、入居を決めた人のだいたい3人に1人は、賃貸マンションやアパートに対し、不満を持っているということです。

それは、入居を決める際に、設備やその他条件などをしっかり見ていなかったことが原因としてあげられます。

では、実際にはどこに不満を思っているのか。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.