くらし情報『「今日は若いね」職場で若作りを指摘され…40代でたどり着いた大人かわいい服選びとは【体験談】』

「今日は若いね」職場で若作りを指摘され…40代でたどり着いた大人かわいい服選びとは【体験談】

それ以降、私もおしゃれを楽しもうと、ちょっとした買い物でも少しだけおしゃれをして出かけることにしました。体形を気にして隠したりすることばかり考えず、ピアスやネックレスといったアクセサリーや小物をつけたり、少しフリルのついたかわいいトップスを着たりしています。

基本的に自分の着たい服を着るのですが、背が低いのでどうしても子どもっぽく見られてしまうことが悩みでした。子どもに見えない大人かわいい服装にするように、シンプルなものと少しかわいいものを合わせることでバランスを取っています。

まとめ

アラフォーになり少し体形がふっくらとしてから、体のラインを隠していました。隠すばかりでは楽しくないので、少しでも気持ちが上がるように、自分の着たい服を着るようにしたり、小物を合わせたりして楽しむように意識を変えていきました。

せっかくお気に入りの洋服を買ったのに着る機会が少ないのはもったいないと思い、なるべく楽しく着られるように気をつかっています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
記事の内容は個人の感想です。

イラスト/村澤綾香

著者/Y.N.(44歳)
大学生の子どもが2人。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.