くらし情報『約7割のママが経験!防災用の飲食料品をうっかり賞味期限切れに』

2021年9月8日 10:30

約7割のママが経験!防災用の飲食料品をうっかり賞味期限切れに

約7割のママが経験!防災用の飲食料品をうっかり賞味期限切れに
9月1日は「防災の日」。自宅に防災グッズや防災用の飲食料品を用意している家庭も多いでしょう。

防災用飲食料品で忘れがちなのが「防災用食品の賞味期限」。うっかり賞味期限切れにしてしまうママも多いようです。

防災用飲食物、賞味期限切れにしたことがある人約7割
約7割のママが経験!防災用の飲食料品をうっかり賞味期限切れに
日本テトラパック株式会社の調べによると、2人に1人のママが日頃から飲食料品を備えていることが分かりました。
約7割のママが経験!防災用の飲食料品をうっかり賞味期限切れに
ところが、備えていると答えたママたちに、うっかり賞味期限切れにさせたことがあるかどうかを聞いてみたところ、約7割の69.3%が「ある」と回答。

冷蔵庫の中のものの賞味期限管理だって大変なのに、防災用の飲食料品まではなかなか気が回らないという人も多いようです。

賞味期限切れを防ぐには、ローリングストックで
約7割のママが経験!防災用の飲食料品をうっかり賞味期限切れに
料理研究家で防災士でもある島本美由紀先生によると、食材を無駄にせず万が一に備えるためには、「ローリングストック」という食材管理法が良いそう。

ローリングストックとは、賞味期限が比較的長い食材を少し多めに買っておき、食べた分だけ買い足す方法。これならうっかり賞味期限を切らしてしまう心配がありません。

飲料の備えは「ロングライフ紙パック」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.