くらし情報『弁護士「示談金5000万円を請求します」妻「わかりました」しかし2週間後⇒「ところで…」続けた”言葉”を聞いた弁護士「は?」』

2024年5月28日 10:35

弁護士「示談金5000万円を請求します」妻「わかりました」しかし2週間後⇒「ところで…」続けた”言葉”を聞いた弁護士「は?」

弁護士「示談金5000万円を請求します」妻「わかりました」しかし2週間後⇒「ところで…」続けた”言葉”を聞いた弁護士「は?」


皆さんは、心当たりのないことでお金を要求された経験はありますか? 今回は「突然示談金を要求された妻」にまつわる物語とその感想を紹介します。

弁護士を名乗る男ある日、弁護士を名乗る男から連絡がきた主人公。その弁護士は夫から依頼を受けたと言い、夫は慰謝料と離婚を要求してきました。突然離婚を突きつけられた主人公は、心当たりがないと驚きますが…。夫は主人公からモラハラを受けていたと主張しているようで、証拠もあると言う弁護士。弁護士から話を聞き、モラハラをした覚えのない主人公は「そんなバカな…」と驚愕します。すると弁護士は、示談にすれば訴えないと言ってきて…。「示談金5000万円を請求します」と主人公に告げたのです。
金額の高さに驚いた主人公は「わかりました」と言って、一度考える時間をもらうことに。そして2週間後、再び連絡してきた弁護士に、主人公が「ところで…あなた夫でしょ?」と告げると…。とぼける弁護士
弁護士「示談金5000万円を請求します」妻「わかりました」しかし2週間後⇒「ところで…」続けた”言葉”を聞いた弁護士「は?」
出典:Youtube「Lineドラマ」主人公の問いに「何をおっしゃっているんですか」ととぼける弁護士。しかし主人公は、弁護士から連絡があった直後に弁護士の素性を調べていました。その結果、夫が弁護士になりすましていたことが判明したのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.