くらし情報『【体験談】賃貸から新築一戸建てに!こだわったのは転校させない学区内の引っ越し』

2018年3月16日 18:00

【体験談】賃貸から新築一戸建てに!こだわったのは転校させない学区内の引っ越し

最近、賃貸から新築一戸建てに住み替えた東京都23区内にお住まいのNさん(40代)。
小学生以上のお子さんをお持ちの方なら誰もが悩む「学区」が今回の住み替えの大きなポイントでした。学区内での住み替えについて伺いました。

「年の離れた姉妹」にそれぞれあった生活スタイルを

目次

・「年の離れた姉妹」にそれぞれあった生活スタイルを
・学区内引っ越しは負担が少なくすぐに「ベスト」に
・一人部屋を持って「自立心」が芽生えた子供たち
・デメリットなしの「賃貸の身軽な環境」も捨てがたかった
・合わせて読みたい住まい購入の決め手
【体験談】賃貸から新築一戸建てに!こだわったのは転校させない学区内の引っ越し


Nさんは二人姉妹のママ。
2人のお子さんは中学生と小学生低学年と「年が離れた姉妹」です。

「住み替えを考え始めたのは、上の子が中学生になって、下の子と生活時間が変わったことから。中学生の寝る時間と小学生低学年の寝る時間が全然違う、さらに上の子も一人の時間が必要になってきた。そこで姉妹一人一人に部屋をあたえたいと住み替えを考え始めました」

しかし、すでに地元の小学校、中学校に通う姉妹。遠方に引っ越すと「転校」がともないます。そのため「学区内」にこだわったNさん。

「まだまだ本格的に引っ越そうなんて思っていなくて、なんとなく学区内の新築から中古のマンションから一戸建てまで見て回るということをしていました」

結果、見つけた家はすでにできあがっていた新築分譲一戸建て。住んでいた賃貸一戸建ての目と鼻の先にあるものの、普段使わない道だったこともあり「まったく建てていることを知らなかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.