くらし情報『ブラックフライデー利用4割購入先はイオン(実店舗)がトップ』

2021年12月13日 11:00

ブラックフライデー利用4割購入先はイオン(実店舗)がトップ

フィールド・クラウドソーシング事業を展開するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、全国のアンケートモニター(以下、POB会員)から月間1500万枚のレシートを収集する国内最大規模の(提携サイト含める)、日本初のレシートによる購買証明付き・購買理由データベース「マルチプルID-POS購買理由データPoint of Buy(R)(以下、POBデータ)」を活用し、生活者の購買行動を分析しています。

今回は、「ブラックフライデーセールの利用状況」をテーマに、全国のアンケートモニター会員を対象にとするアンケートを実施しました(N=3009人、平均年齢48歳:2021年12月6日~7日)。

今年は、小売り各社やオンラインショップなど、新型コロナ感染拡大により、長期にわたる緊急事態宣言下で、買い物を控えた行動による「リベンジ消費」を期待し、日本でも米国発祥の「ブラックフライデー)」の期間や商品が拡大され、例年以上に賑わいをみせていたのではないでしょうか。
実際に消費者が「ブラックフライデーセール」でどこで、何を購入したか調査結果を報告いたします。

■ =======調査概要=========================
・「ブラックフライデーセール2021の利用状況」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.