くらし情報『美術品入札会「廻-MEGURU-」Vol.9を2/5~2/13に開催 -出品作品数約660点!円山・四条派、仙崖、東郷青児を特集-』

2022年1月19日 11:45

美術品入札会「廻-MEGURU-」Vol.9を2/5~2/13に開催 -出品作品数約660点!円山・四条派、仙崖、東郷青児を特集-

株式会社 加島美術と株式会社ビーエスフジは、2022年2月5日(土)から2月13日(日)にかけて、美術品入札会「廻-MEGURU-」Vol.9を共同開催します。会期中は、実物をご覧になりたいお客様に向けて加島美術(東京京橋)にて下見会を実施します。
美術品入札会「廻-MEGURU-」は、絵画から茶道具、工芸まで、日本美術を中心に多彩な作品を取り扱う入札型オークションです。9回目となる今回は、円山應挙を開祖とする円山・四条派や、ユーモラスな絵で禅の教えを優しく説いた仙崖義梵(せんがい ぎぼん)、スタイリッシュで抒情的な女性像を描いた東郷青児の作品を特集します。また、伊藤若冲や棟方志功、田中一村、河井寛次郎、2022年の干支・虎を題材とした作品など、必見の約660点をラインナップしています。
未曾有のパンデミックの中、一人ひとりが暮らし方や働き方を見つめ直す昨今、「おうち時間を豊かにしたい」というニーズはますます高まっています。美術品を所有し、作品世界を味わう時間が、暮らしに潤いをもたらすひとときになれば幸いです。お客様と美術品との出会いの場をお届けすることで、美術を「観る」から、購入し、美術と「暮らす」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.