くらし情報『ブルーオーシャン作戦 潮干狩りの前に、みんなで「プラ干狩り」!!』

2022年4月22日 13:15

ブルーオーシャン作戦 潮干狩りの前に、みんなで「プラ干狩り」!!

株式会社OSGコーポレーション(所在地:大阪市北区、代表取締役社長:山田 啓輔)は、当社が取り組むサステナビリティ活動「ステハジ」プロジェクトの一環として、海に流れ込んだプラスチックごみを回収する場合どれだけの“人”と“時間”がかかるのかについて、全国15カ所/230名にご協力いただき、2022年4月に実証実験を行いました。

ブルーオーシャン作戦 潮干狩りの前に、みんなで「プラ干狩り」!!

「プラ干狩り」実施風景1

海洋には毎年800万トンものプラスチックごみが海に流入されていると言われています。
このプラスチックごみが、海洋でマイクロプラスチック(5mm以下のプラスチック)となり魚たちが食べ、その魚を我々が食べる事で、毎週クレジットカード1枚分約5gのプラスチックを摂取(魚以外からも含め)しているとの報告もされています。

そこで今回、例えば500mlペットボトル約200本分(約4Kg/国内で一人が年間消費するペットボトル)のプラスチックごみが海洋に流入し、劣化、小片して細かくなってしまった場合、改めて回収しようとした場合、どれだけの「人」と「時間」がかかるのか実証実験を行いました。

参加者は、幼稚園・小学校・中学校のお子さんから、シニア世代の幅広い皆様と企業、自治体、NGOなど全国15カ所/230名が一緒になってご参加頂きました。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.