くらし情報『原料価格高騰が待ったなし!いま、パッケージデザイン刷新に注目 Foods R&D、パッケージ改良の問い合わせが一昨年比2倍まで増加』

2022年6月30日 14:00

原料価格高騰が待ったなし!いま、パッケージデザイン刷新に注目 Foods R&D、パッケージ改良の問い合わせが一昨年比2倍まで増加

食品飲料の国際審査機関への企画開発を数多く手掛けている株式会社Foods R&D(代表取締役:安達 成明、本社:東京都豊島区)は、「パッケージを改良・刷新することでグレードアップした『ひとつ上の商品』をお客様に届けたい」という企業からのお問い合わせが、2022年はすでに一昨年比較で2倍以上にまで増加しています。
原油価格高騰や円高が進んでいることなどから、国内の各企業が加工食品等の値上げを相次ぎ発表しています。2022年1月から5ヶ月間で累計1万品目以上が年内に値上げするという報道があり、特に原材料費高騰から大きな影響を受けやすい国内の加工食品各社から、「パッケージデザインの刷新」への注目が高まっています。
背景には、「この時期に見直しを始めなければ秋冬の原料入手に困難が生じるのでは」といった危惧があると見られます。

■「パック包装」から、より機能性高いものに
食品加工製品のパッケージは、名門店に限らずスーパーやコンビニエンスストアをはじめ、非常に利便性が高く、機能的なデザインが採用されています。改良する際は、以下のような点に留意します。

・素材を再考し、品質は維持しつつ、フィルムに開けやすいつまみなどを付ける
・他社製品に比べて見劣りしないよう、独創性、存在感あるデザインにする
・情報を分かりやすく整理整頓して表示し、リサイクル(廃棄手段など)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.