恋愛情報『もう異性として見られない…男性が気になる子に幻滅したエピソード』

2021年6月12日 10:45

もう異性として見られない…男性が気になる子に幻滅したエピソード

最初は好印象を持っていたものの、あることをきっかけに見方が変わることもあります。

女子の自己中すぎる言動を見て、「意外とこんな子だったんだ……」と気持ちが冷めてしまうようです。

そこで今回は「男性が気になる子に幻滅したエピソード」をご紹介します。

もう異性として見られない…男性が気になる子に幻滅したエピソード


■ 1.貸したものを雑に扱われた

「気になっていた子にマンガを貸したのですが、シミのようなものがついていて驚いた。しかも謝りもされなかったので幻滅しました」(22歳/大学生)

「CDを返してほしいと頼んでもスルーされるので怪しいと思ったら、『どっかいっちゃった!』と言われました。普通借りたもの無くす?相当な汚部屋に住んでいるのかなって引きました」(27歳/人材)

借りたものをぞんざいに扱う時点で、いい加減さを感じるもの。

百歩譲って汚してしまうのは仕方ないにしても、きちんと謝るべきですよね。

ましてや無くすなんて論外です!

一度イヤな思いをしたら、どんなにかわいい女性でももう関わりたくないでしょう。

■ 2.友達に冷たすぎる一面を見て

「俺には優しいAちゃん。ちょっと好きかもなんて思っていたんだけど、友達を無視して、スマホばかりいじっている姿を見て幻滅。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.