恋愛情報『「ヒモ」「ツバメ」…残念な男の語源は意外とロマンチック【恋占ニュース】』

2015年6月29日 10:15

「ヒモ」「ツバメ」…残念な男の語源は意外とロマンチック【恋占ニュース】

ネットゲームやSNSなどで、自分の分身となるキャラクターを「アバター」と言いますよね。
この「アバター」という言葉、実は仏教用語(サンスクリット語の『権化・化身』が語源)なんですって。

ちなみに、恋は盲目を意味する「アバタもエクボ」の「アバタ(痘痕)」も、もともとは「阿浮陀(あぶだ)地獄」という仏教の世界から来た言葉だそうですよ。

といった豆知識はほどほどにして…。

≪恋愛にまつわる言葉の由来≫
盲目になるほどに狂おしく、確かにこの胸にあるのに、説明するための言葉はあまりにもつたない「恋」や「愛」。
「愛とは何ぞや」という問いに答えなどないのかもしれませんが、もしかするとそれを読み解くヒントが言葉の由来に隠されているかも。

そこで、今回は男と女をめぐる『愛』に関する言葉の語源を紐解いてみたいと思います!

≪「愛」は「哀」でもある?≫
仏教用語で「愛」という字を使った言葉はいくつかありますが、その中でも有名なものをピックアップしてみましょう。

【愛別離苦(あいべつりく)】
「愛別離苦」とは、『愛する人とは必ず別れなければならない』という、人として生まれたからには避けられない苦しみのこと。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.