恋愛情報『「やべえ、この女ストーカーかも…」男子がドン引きする女子の行動』

「やべえ、この女ストーカーかも…」男子がドン引きする女子の行動

2018年4月9日 10:30
 

関連リンク

・あなたの「男性選びの問題点」が判明!南の島好きは、ダメ男に惹かれがち?
・「この子はちょっとやめておこう」男性が手を出すのをためらう女性の特徴
・ネットで溢れるネガティブ情報を参考に恋愛しないでほしいです


相手の気持ちを無視して付きまとうなんて、私には考えられない…そう思っていても、無意識のうちに同じような行動を取っている可能性はゼロではありません。

彼のことが好きなあまり、何気なくしていたことが、実は相手に恐怖感を与えている、なんてケースもあるでしょう。今回ご紹介するエピソードの中に心当たりがある女性は、ストーカー予備軍かも!?

ストーカーのほとんどは無意識!?

警察の調査によると、なんと「ストーカー犯の25%は無自覚」なのだそう。自分は好意を伝えたいだけなのに、相手は恐怖を感じてしまう。このすれ違いは、程度の違いこそあれ、日常の恋愛でも起こりがちです。

最初は「ちょっと重いな」と感じるくらいの行動でも、何度も続くとストーカー認定されることもあるでしょう。例えば以下のような言動、あなたは経験ありませんか?

◎恋人の浮気を疑うことが発端に
一度でも浮気をされたり疑ったりすると、再び心から信用するのはなかなか難しいもの。不安な気持ちから、相手の行動を監視するような態度を取ることもあるのでは。彼からすると、執着されていると感じてしまうこともあります。

◎結婚を焦った末の行動
この人とどうしても結婚したい、逃したくない!と強く思った途端、大胆な行動に出る女性もいます。「この人は私のもの」と周囲にアピールするような振る舞いをしたり、通い妻状態であれこれ世話を焼いたり。相手がそれを求めていなければ、ただの迷惑な女でしかありません。

◎彼を喜ばせたい気持ちが強すぎて…
好きな人が喜ぶ姿を想像するとうれしくなりますよね。その気持ちが大きくなりすぎて、プレゼントを頻繁に贈ったりサプライズで待ち伏せしたりすれば、やっていることはストーカーとほとんど変わらなくなってしまいます。

■男が語る「彼女のストーカー的行為」

彼女の行動に恐怖を感じたことがある、という男性のリアルなエピソードをご紹介します。

「俺のSNSをくまなくチェックして、他の女性からのいいね!やコメントが続くと『あの子、よくコメントしてるけど、どういう関係?』と聞いてきます。せめて見るだけにしておいてほしいです」(26歳/美容師)

「友達と飲んで帰ることを連絡したら、『いいね~どこ行くの?』と聞かれました。お店の名前を返信したら、1時間経った頃いきなり彼女が登場。浮気していないか確認したかったようです。電話をかけてくるぐらいなら許せるんですけど、これは怖いですよね」(28歳/MR)

「彼女はよく『今何してる?』と連絡してきます。正直少しうんざりして、無視したことがあったんです。そしたら、共通の友人に『○○くん今何しているか知ってる?』と聞いて回ってたみたいで…みんなに迷惑をかけるので、それを知ってからは必ず返していますが、面倒です」(26歳/整備士)

「プロポーズしてから、彼女にSNSでよくタグ付けされるようになりました。デートした日は決まって投稿していて『#もうすぐ結婚#もっと一緒にいられるね』とか入っているのが重いです」(30歳/銀行員)

他人からされたら“ストーカー”、彼女だったら“重い女”と、感じ方に違いがあるだけで、行動そのものにあまり差はない気がしませんか?

ストーカー的行動を取りやすいタイプ

犯罪心理学者の越智啓太教授によると、次のような特徴がある人はストーカーっぽい行動を取りやすいそうです。

◎プライドが高い
自分をもっとよく見せたい、特別な人でありたいという気持ちを強く持つ人は、他人が注目され、高く評価されることを快く思いません。

恋愛に当てはめると、彼が他の女性をほめたり、自分より他のことを優先したりするだけで、極端に機嫌を損ねます。浮気をされても、なかなか現実を受け入れられません。

このタイプの女性は、相手の気持ちを自分だけに向けようとして、相手を束縛する行動に出やすい傾向にあるでしょう。

◎交際するにはルールが必要だと思う
ふたりの関係を良好に保つためにルールを決めたがる女性も、恋人に執着しやすいタイプです。日々の予定を細かく知りたがるなど、相手を監視しようとする傾向にあります。特に交際期間が長いほど、彼への執念も強くなるかもしれません。

◎女友達が少ないほうだ
同性の友達が少ないと、恋人を失いたくない気持ちが募りやすくなります。彼に依存し、こまめに連絡を取っていないと不安になってしまいがち。

彼からの連絡が途絶えるたびに、怒っていませんか?相手は無視したつもりではなく、単に忙しかっただけかもしれません。向こうの都合を思いやる余裕を持てなくなってしまうと、嫉妬深い気持ちを行動に移してしまうでしょう。

■相手の立場で考えて予防を

もしかしたら私のことかも…と心配になった方は、ストーカーっぽい行動に出ないよう予防に努めましょう。
“これをされたら彼はどう思うかな?”と一瞬立ち止まって考えるだけで、防げることはたくさんありそうです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.