恋愛情報『「私だけを見て」は甘い。「他の子と比べても、愛される」女性になる秘訣』

2020年4月4日 19:00

「私だけを見て」は甘い。「他の子と比べても、愛される」女性になる秘訣

目次

・VS元カノ
・「元カノは~」はチャンス
・彼の「足りない部分」もチャンス
・元カノに対しては「余裕」な態度
・VS女友達
・「かわいさ」で負けないように
・関係性の深さで勝負
・たまには「デートっぽいデート」も
「私だけを見て」は甘い。「他の子と比べても、愛される」女性になる秘訣


どうもあかりです。「あ~かわいいなぁあの子。あの子と無人島でふたりきりになったら、あの子も俺のことを好きになってくれるんだろうなぁ・・・・・・」

私の幼馴染の男友達が自分じゃ手の届かなそうな容姿の女性を見るたびに、馬鹿の一つ覚えのように毎回呟いていたセリフです。もちろんこれはただの現実逃避的な妄想です。

現実では、「ライバルとなりうる他の異性がいない」というシチュエーションは絶対にあり得ません。誰にとっても。

大好きな男性と片想いの段階はもちろん、すでに付き合って彼氏彼女の関係性になってからも、必ずライバルとなる異性が現れます。

「私だけを見てね」と言えば、彼は「もちろんだよ」と言ってくれるでしょう。しかし、実際に彼はそのとおり行動してくれるでしょうか。残念ながら、それは難しいでしょう。

人間の心を縛ることは他人はもちろん、自分自身でもできません。だから彼は「君だけを見るよ」と約束をしたとしても、彼女を他の異性と比べざるを得ないのです。あなた自身だって、そうなはずです。

だから、「私だけを見て」とできもしないお願いをするよりも、「他の子と比べられても、愛されるぞ!」というヤル気を持って頑張らないといけないのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.