ビューティ情報『MCTオイルでダイエット!その効果や方法を解説』

2019年9月19日 09:00

MCTオイルでダイエット!その効果や方法を解説

ダイエット効果も期待できると話題の「MCTオイル」。どんな栄養素が含まれ、どうやって使うといいのでしょうか?今回は美宅玲子先生に、MCTオイルの栄養素や働きをはじめ、ダイエット方法や注意点について詳しく教えていただきました。

目次

・MCTオイルとは?栄養素とその働き
・MCTオイルのダイエット効果
・体内の糖質量に左右されない
・スムーズに燃焼してくれる
・MCTオイルを使ったおすすめダイエット方法!
・MCTオイルの適切な量と効果的な摂取のタイミング
・MCTオイルダイエットで注意したいこと
・適量を守りながらMCTオイルでダイエット!

ココナッツオイル

MCTオイルとは?栄養素とその働き

MCTオイルでダイエット!その効果や方法を解説

MCTオイルとは「中鎖脂肪酸」のことで、栄養素としては脂肪です。脂肪は、その構造がつながれている炭素の数によって「長鎖脂肪酸」「中鎖脂肪酸」「短鎖脂肪酸」の3つに分けられます。

一般的なサラダ油や肉の油などは長鎖脂肪酸。バターは短鎖脂肪酸。中鎖脂肪酸はココナッツオイルなどに多く含まれ、体内に入ると腸からではなく直接肝臓に運ばれてケトン体となり、エネルギー源として利用されます。

エネルギーを生産するミトコンドリアは脂質を原料にしていますが、長鎖脂肪酸を使うためにはカルニチンが必要です。中鎖脂肪酸を使うためにはカルニチンは必要なく、直接取り込むことができるため、エネルギーの生産がスムーズに行われます。

中鎖脂肪酸は、ケトン体として体のエネルギー源になりますが、ケトン体の中にあるβヒドロキシ酪酸という物質が体の酸化を抑制し、老化にも効果があることがわかってきています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.