ビューティ情報『パーマやストレートなど形を変えるメニューは 確かな技術と経験、高品質の薬剤選択が重要です』

2021年1月22日 16:35

パーマやストレートなど形を変えるメニューは 確かな技術と経験、高品質の薬剤選択が重要です

思い通りのパーマにならない理由

パーマをかけたのに緩すぎたり垂れすぎてしまう事ってありませんか?

パーマをかけたらバサバサになったりすることってありませんか?

パーマをかけたら左右のかかり具合が違っていたりしませんか?

パーマ中の液ダレに不快感を感じませんか?

それにはいくつか原因が考えられます。

・薬剤の選定が適切ではない

・ロット選定が適切ではない

・時間設定が適切ではない

・髪の中でも箇所によって質が違うのを読み取れていない

・髪自体に栄養が無くハリやコシが出ない

・巻くスピードが遅い

・履歴を読み取れていない

・二人で施術をする

・頭皮に液をかけてしまっている

簡単に言えば知識と経験と技術不足。。

そして

パーマのかけ方が お客様一人一人に合っていないからです!!!

パーマやストレートってとても難しく、
髪質を見極める事や、施術を極めていく事は美容技術の中ではとても難しいと言えます。

形を変えるものであるからこそ
いろんな事故も起こるんですよね。

元々の髪質は?
長さは?
カラーをしている髪には?
パーマをしている髪には?
ストレートをしている髪には?
その回数は?
手触りは?
状態は?

診断をしなくてはいけない事がたくさんあるのです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.