ビューティ情報『髪を好きになったら、自分も好きになれた。“私なんか”が“私でも”に変わるまで』

2020年3月28日 20:00

髪を好きになったら、自分も好きになれた。“私なんか”が“私でも”に変わるまで

■お前は器量が悪いのだから……

物心ついてから、ずっとクラスの男子に「ブス、ブス」と言われて育った。親戚には、「あんたは器量が悪いのだから、一生結婚できなくても食べていけるように、手に職をつけないとダメだ」と言われていた。学生時代はアスリートだったので、髪型は猿のようなショートカット。女子トイレに入ったら「ここ、女子トイレですよ」と注意されるくらい、女に見えない姿だった。

そんな私が、何の因果かファッション誌のライターになってしまった。まわりはみんなおしゃれで輝いているように見えた。それでも「ブサイクな私が見た目に気をつかっているなんて、逆に恥ずかしい」という変な自意識過剰ぶりで、わざとすっぴんで撮影現場に行ったり、変な服ばかり着ていたりしていた。

目次

・お前は器量が悪いのだから……
・髪には上下関係がない
・「かわいいですね」の一言をきっかけに、人生が大きく変わった
・なりたい自分を表現できる人は、美しい
・佐藤友美さんのイチ推しコスメ


あの頃は、「このアイシャドウで一気に美人顔♡」と原稿を書くたびに「おいおい、お前みたいなブスが書くなよ」と自分ツッコミを入れながら仕事をしていた。今、振り返れば相当こじらせていた。

■髪には上下関係がない

あれはたしかライターになって半年くらい、25歳の頃だったと思う。

その頃私はヘアページを何度か担当し「髪の影響力ってすごいかも」と思い始めていた。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.