ビューティ情報『使いこなすの難しそう?そう思わせない「差し色カラー」のお洒落な使い方』

2020年3月8日 08:00

使いこなすの難しそう?そう思わせない「差し色カラー」のお洒落な使い方

ブルーやグリーン、レッドなどの差し色になる鮮やかなカラーは、使いこなすのが難しそう…と思ってしまいがち。ですが、少しの工夫、簡単なテクニックで誰でも取り入れることができます。
明日から実践できる「差し色カラー」の使い方を詳しく解説します!

明日から使える差し色テクニック

目次

・なりたいイメージで使い分けよう!色が与える印象
・失敗しない!顔にどう乗せる?カラー別使い方講座
・差し色を使う際に気をつけるべきこと
・明日からのメイクにカラーアイテムをプラスしよう!
明日から使える差し色テクニック
出典:byBirth
筆者が言う「差し色」とは、メイクの中で1番のポイントとなるアクセントカラーのことを指します。

鮮やかなレッドやブルー、明るさのあるフレッシュなオレンジなど、パキっとしたカラーが今のトレンドでもあります。たくさんのブランドから、このようなカラーアイテムが登場しているのですが、やはり使いこなすのが難しく感じてしまいますよね。

今回は、アイメイクをメインに、ぜひたくさんの方に取り入れて欲しいカラーの簡単な乗せ方を伝授したいと思います!

なりたいイメージで使い分けよう!色が与える印象

透明感を出すなら「ブルー」「パープル」
透明感を出すなら「ブルー」「パープル」
出典:byBirth
ブルーやパープルはくすみ感を飛ばし、アイシャドウやアイライナー、マスカラをこのカラーにするだけで白目が綺麗に見える効果があります。

カラーイメージとしては、爽やかで特に夏に使いたくなる寒色カラー。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.