ビューティ情報『メイク崩れを徹底レスキュー!ポイント別のおすすめお直し方法』

2020年8月5日 16:00

メイク崩れを徹底レスキュー!ポイント別のおすすめお直し方法

ベースメイクのお直しテクニック

目次

・お直し前はティッシュオフが欠かせない
・小鼻のテカリ・たまったファンデーションをどうにかしたい
・冷房でお肌が乾燥しがち…お直しの際に保湿対策を仕込むならコレ!
・目元が湿っていないようにカバーして!
・消えたアイラインはキワだけを描く
・唇のシワを伸ばすようにしてから塗る
・マットリップならマスクに色移りしにくい
ベースメイクのお直しテクニック
出典:byBirth
夏場のベースメイクは、汗や皮脂によるテカリ系の崩れだけではありません。クーラーの冷風にさらされることによって、乾燥系のトラブルも起きがちです。それぞれの対策方法について把握していきましょう。

お直し前はティッシュオフが欠かせない

ファンデーションが崩れてきたら、お直し前にまず一番最初に顔全体をティッシュでやさしくおさえましょう。

夏場のベースメイク崩れは、お肌の上に過剰な皮脂が浮き上がっている状態。そのままお直しを始めると、さらにムラができて仕上がりが汚く見えてしまいます。最初にティッシュオフして土台をフラットな状態に整えることで、その後にのせるベースメイクがキレイについてくれます。

小鼻のテカリ・たまったファンデーションをどうにかしたい

小鼻がテカって悪目立ちしたり、小鼻のキワにファンデーションがたまって浮いていた経験はありませんか?小鼻の周りは細かい部分になるので、お直しはファンデーション用のパフやスポンジではなく、こまわりの効くブラシで行うことをおすすめします。

ブラシを使うので、ルースパウダーよりもプレストパウダーの方がブラシに粉含みさせやすくておすすめです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.