ビューティ情報『ストレッチしているのに柔らかくならない場合の3つの解決策』

2021年4月17日 10:00

ストレッチしているのに柔らかくならない場合の3つの解決策

「ストレッチ」で柔軟性がアップするメカニズム
そもそもストレッチでどのようにして柔軟性がアップするのか、まずはそのメカニズムについて触れておきましょう。

静止した状態で筋肉をストレッチする方法のことを「静的ストレッチ」と言いますが、30秒間筋肉を伸ばし続けると「腱紡錘」というセンサーにスイッチが入ります。腱紡錘には「筋肉の緊張を緩める」という働きがあることから、静的ストレッチで筋肉の緊張を緩めて柔軟性を高めるには、30秒間は伸ばし続ける必要があります。

ストレッチにはもう一つ、動きを伴う「動的ストレッチ」があります。これは筋肉の伸縮動作を繰り返すことで血流が促進され、筋温を高めることができます。すると、筋硬度が下がり筋肉の伸張性が向上すると言われています。動的ストレッチによって得られる柔軟性は、動きに対応できる柔軟性と言えます。

目次

・1:強度と伸ばし方
・2:時間
・3:タイミング


「ストレッチ」で柔軟性がアップするメカニズム
出典:byBirth「なかなか柔らかくならない」という場合によく見られる3つの間違い
「ストレッチをしているのに、なかなか柔らかくなりません…」というご相談をよく受けます。その場合によく見られる間違いがあります。

その間違いとは、

  • 強度と伸ばし方
  • 時間
  • タイミング
  • の3つです。

    関連記事
    新着ビューティまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.