”日焼け止め”がニキビやシミの原因に?!肌が荒れない「正しい落とし方」は?

2016年8月4日 18:00
 

あっという間に真夏モード。連日、厳しい暑さが続いて、すでにダウンしている人も多いのでは?
気になるのは、やはり紫外線。毎日、日焼け止めを使っている人も多いと思いますが、ちゃんと、その日のうちに落とせていますか?ささっと洗うだけで済ませていない?そこで今回は、日焼け止めの正しい落とし方をご紹介たします。

日焼け止めを塗ったままは危険!
shutterstock_407054317


最近の日焼け止めは、すっと肌になじんで、それはまるで化粧水のよう。
ささっとメイクを落とすように、日焼け止めも十分に洗い流せていないのでは?

日焼け止めを塗ったまま、ちゃんと落とさずにいると、当然ニキビやシミの原因になります。しかし、本来は、お肌を守るために日焼け止めを塗りましたよね。矛盾したスキンケアをしていても、もちろん意味がありません。

日焼け止めは必ず、その日のうちにしっかり洗い流しましょう。元々お肌が敏感で肌荒れしやすいなら、ますます落とさなければいけません!

クレンジングで優しく洗う
shutterstock_355923935


日焼け止めの落とし方は、基本的に通常のメイクと同じ。
ただし、油分が強い日焼け止めの場合は、必ずクレンジングを使って、隅々まで落としきりましょう。

クレンジングをお肌にのせた後、ゴシゴシと洗う人がいますが、これはお肌を傷つける原因に。
優しくクルクルしながら洗っていくだけで日焼け止めや汚れは落ちていきます。あとは熱湯ではなく、ぬるま湯で流し終えたら完璧!

最近は100円ショップでも質のいいクレンジングを販売していますが、値段にはあまりこだわらず、実際に使いながら、自分のお肌に合うものを選んでいきましょう♪

お湯だけで落ちる日焼け止めは?
shutterstock_384120112


最近は「お湯だけで落ちる」日焼け止めも増えてきています。

こういったタイプのものは、そもそもSPFやPAが低く、お湯で落ちるように、つくられているため、基本的にはクレンジングオイルは不要。お湯で何回か洗っているうちに自然と落ちていくでしょう。

どうしても心配な場合は、クレンジングオイルで落としておくと安全。
日焼け止めを落とした後は、もちろん化粧水や保湿を使ってアフターケアを忘れずに。
shutterstock_279651059


いかがでしたか?
日焼け止めには種類があり、タイプによって落とし方も異なります。まずは、毎日使っている日焼け止めの裏面をみて、どんな成分が入っているのかをチェック。

紫外線を予防するために強い成分が入っているなら、クレンジングはマスト!日焼け止めでお肌が荒れないように気をつけましょう!

large

出典:weheartitより

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.