ビューティ情報『小林弘幸式・自律神経整える「家事しながらトレーニング」』

2019年9月8日 06:00

小林弘幸式・自律神経整える「家事しながらトレーニング」

背筋を伸ばしたまま腰を落とし、踏み出した足を90度近くまで曲げる。左右で10歩。

「血液の70%が集まっている下半身を鍛えることで全身の血流と代謝がアップします。リズミカルにやれば腸が活性化し便秘解消にも」

【3】「もの干しゆらゆら前屈」脳の疲れ解消も

足を肩幅に開いて、両手をだらんと垂らして前屈。洗濯カゴから衣類を取り出す前に、背骨をしならせながら、腰を左右に振る。上半身全体が振り子のように揺れるイメージで5秒ほど揺らす。徐々に揺れを小さくして、一息大きく吐いて、ゆっくり衣類を取り出して、起き上がる。

「脱力させた上半身と腰を揺らすことで、全身の血流がよくなります。体のゆがみを調整して、関節まわりの筋肉をほぐす効果も。脳にも新鮮な血が流れ込み老廃物を排出します」

【4】「洗濯物たたみで骨盤ストレッチ」腰痛解消も

足を軽く開いて座った左側で衣服をたたむ。たたみ終えた服は体の右側に置く。

「股関節をリラックスさせることで副交感神経を優位に導き安眠効果が期待できます。骨盤を大きく動かすことで、骨盤がスムーズに動くようになり、こり固まった腰まわりの筋肉をほぐします」

【5】「窓ふき肩甲骨運動」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.