ビューティ情報『肺炎の重症化を防ぐため「気道クリアランスの維持を」を医師』

2020年6月4日 11:00

肺炎の重症化を防ぐため「気道クリアランスの維持を」を医師

「ワクチンが開発され、一般化するのはもう少し先のことでしょう。また、一般的にウイルスは、人口の大多数であるおよそ7割が感染して免疫を獲得する『集団免疫』ができあがることで収束に向かっていくものですが、この獲得にもまだまだ時間がかかるはず。新型コロナウイルスが世界中でここまで感染が拡大した以上、『自分も感染している、または感染する可能性がある』と考えたうえで、重症化しないよう自衛する工夫が必要といえるでしょう」

現在、働き方や、人とのコミュニケーションの取り方において模索されているのが「WITH コロナ」という考え方。ウイルスの根絶を目指すのではなく、共に生きることを前提とするものだ。

これは「健康の維持」においても同じで、新型コロナウイルスと“上手につきあう”ことにも目を向けなければならない段階に移りつつあるといえるだろう。

そのためのポイントが「肺機能」。新型コロナウイルスによって脳梗塞など、血管全体に影響を及ぼす病気の発症も懸念されているが、その代表的な症状は「肺炎」だ。これまで30年以上呼吸器の診療にあたってきた日本赤十字社医療センター呼吸器内科医の生島壮一郎先生は、「肺炎の重症化を防ぐためには、肺の予備力を保つことが重要」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.