ビューティ情報『熱中症リスク、子供への影響…感染症専門医語る「7月にマスクを外すべき理由」』

2022年5月19日 06:00

熱中症リスク、子供への影響…感染症専門医語る「7月にマスクを外すべき理由」

熱中症リスク、子供への影響…感染症専門医語る「7月にマスクを外すべき理由」


コロナ禍で迎える3度目の夏を前に、政府内でもにわかに浮上した“マスクを外すべきか否か”の議論。専門医は「今こそ外す決断をする時機にきている」と強く主張するーー。

「人との距離が2メートル以上確保できている場合には、マスクを外すことを推奨している」

“首相の女房役”の松野博一官房長官は、5月12日の記者会見でこのように語った。

そのいっぽう、岸田文雄首相は「今の段階でマスクの着用緩和は現実的ではない」と、同じ日に行われた参議院厚生労働委員会で明言した。

新型コロナウイルスの流行で定着した「マスク習慣」だが、国の方針が揺れている。その背景には、第6波ピークアウト後も下がりきらない新規感染者数がある。

「マスクはコロナ対策としては有効です。とはいえ、すべての人が外出時にマスクを着用する『ユニバーサル・マスキング』をいつまでも続けるわけにはいきません。私は、この7月からはマスクを外すべきだと考えています」

そう語るのは、感染症の専門医で、浜松医療センター感染症管理特別顧問の矢野邦夫先生だ。

浜松市感染症対策調整監として新型コロナ対策のアドバイスにあたる矢野先生は、元日本感染症学会中日本地方会会長。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.