ビューティ情報『デジタルネイティブ世代のスマホ事情を調査。ネット環境に慣れ親しんでいる半面、リスクに無頓着な一面も…。』

2019年2月15日 11:00

デジタルネイティブ世代のスマホ事情を調査。ネット環境に慣れ親しんでいる半面、リスクに無頓着な一面も…。

デジタルネイティブ世代のスマホ事情を調査。ネット環境に慣れ親しんでいる半面、リスクに無頓着な一面も…。
株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)では、学割やファミリー割引をはじめとした多様な料金プランや、未成年者の安全を守るさまざまなアフターサービスを提供している。
このたびドコモでは、「学生のスマートフォン(以下、スマホ)事情」をテーマに、日本全国の高校生・大学生300名を対象にした調査を実施。その結果を発表した。

「TVタレント」よりも「YouTuber」の話題が多い高校生
デジタルネイティブ世代のスマホ事情を調査。ネット環境に慣れ親しんでいる半面、リスクに無頓着な一面も…。
はじめに、「学校の友人と会話をすることが多い話題」について聞いたところ、「スマホで見たSNS・動画・アプリなどの話」が約8割(78%)にのぼり、「TVで見た番組の話」(58%)、「雑誌で見た記事や漫画の話」(30%)を大きく上回る結果に。
デジタルネイティブ世代のスマホ事情を調査。ネット環境に慣れ親しんでいる半面、リスクに無頓着な一面も…。
さらに高校生においては、「TVタレント」(33%)よりも「YouTuber」(37%)のほうが会話にのぼることが多いという結果も。また、人気動画クリエイターについての知識がなければ「友人との会話についていけないと思う」と答えた高校生も31%と約3人に1人にのぼった。

無料Wi-Fiの活用、詐欺アプリ対策・・・万全ではないリスク管理の実態コミュニケーションにおいて特に重要な存在となっている動画だが、動画コンテンツはデータ通信料(パケット料金)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.