ビューティ情報『正しいスキンケアは赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の発症や予防につながる』

2018年6月28日 15:42

正しいスキンケアは赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の発症や予防につながる

目次

・乳幼児のアトピー性皮膚炎
・赤ちゃんアトピー性皮膚炎の治療とは?ステロイドによる薬物療法など
・原因になる?予防できる?アトピー性皮膚炎の間違った認識
・赤ちゃんのアトピー性皮膚炎のケア対策
・お子さんがアトピーになっても悲観的にならないで
正しいスキンケアは赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の発症や予防につながる


赤ちゃんに湿疹ができたり、肌が乾燥して荒れるのを見ると「もしかしてアトピーかも?」と不安になってしまうものです。また、自分がアトピー性皮膚炎だから子どもにも発症するのではないか心配になるなど、親の立場になると不安や心配はつきないものです。

しかし、アトピー性皮膚炎は、まだまだわからないことが多い病気ですが悲観することはありません。中には、妊娠時から食べ物を制限したり、母乳がアトピー発症に影響を与えるのではないか、という情報が出回っていますが、そういったことはありません。乳児のうちから正しい治療、適切なケアを実践することは、アトピー性皮膚炎の予防や治療面で大きなメリットがあります。

まず、アトピー性皮膚炎がどういった病気であるのか、乳児のうちにやるべきケア、ステロイドは本当に怖いものなのか?基本的なことを押さえておきましょう。

乳幼児のアトピー性皮膚炎

まず、アトピー性皮膚炎とはどういったものであるかを理解しておきましょう。

アトピー性皮膚炎の特徴
主には、かゆみをともなう湿疹(赤み、ブツブツ)がひどくなったり、ゆるやかになったりする「憎悪と寛解」をくり返すのがアトピー性皮膚炎の特徴です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.