ビューティ情報『<X・Y・Z世代1000名に聞いた!動植物性のたんぱく質バランスに関する実態調査>積極的に摂りたい・摂るべき栄養素に『たんぱく質』が全世代で1位 一方、たんぱく質ブームのなかで「動植物性たんぱく質のバランス」を意識していない人が8割以上も』

<X・Y・Z世代1000名に聞いた!動植物性のたんぱく質バランスに関する実態調査>積極的に摂りたい・摂るべき栄養素に『たんぱく質』が全世代で1位 一方、たんぱく質ブームのなかで「動植物性たんぱく質のバランス」を意識していない人が8割以上も

昨今、現代人の健康志向の高まりに伴い、たんぱく質の摂取意欲も高まっています。たんぱく質ブームのなかで、植物性たんぱく質の摂取量は徐々に減少している※という事実があります。たんぱく質への関心は高まっていますが、こうした事実からも動植物性たんぱく質のバランスを意識している人は少ないと推測されます。
豆乳などの飲料・食品用紙パックを製造している日本テトラパック株式会社(以下、日本テトラパック)は、たんぱく質の摂取量を増やしながら、同時に動植物性たんぱく質バランスをととのえることができる豆乳を、広く消費者に紹介すべく「リセッ豆乳プロジェクト」を発足しました。今回は、現代人の食生活の実態を明らかにするため、本プロジェクトの活動第1弾として「動植物性のたんぱく質バランスに関する実態調査」を、15歳~64歳の男女1000名を対象に実施しました。その結果、生活者全体の傾向と世代別の特徴が見えてきました。
調査結果を受けて、内科医の石原新菜先生からの動植物性たんぱく質のバランスをととのえる重要性と、植物性たんぱく質の代表格とも言える豆乳を摂り入れるメリットについてもコメントをいただきました。
※出典:「国民健康・栄養調査」

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.