子育て情報『受診もお祝いもケチらない!手取り20万家計のやりくり術大公開』

受診もお祝いもケチらない!手取り20万家計のやりくり術大公開

目次

・食費・衣類・レジャーなどは月45,000円でやりくり
・項目ごとの袋分けや1週間10,000円生活は断念
・受診をためらわないよう医療費は袋分けで月10,000円を確保
・気持ちよくお祝いするために特別費をボーナスでまかなう
・著者:節子
やりくりのイメージ


手取り20万円でもHappyに暮らすことをモットーに、夫、1歳のお子さんと3人で暮らしているインスタグラマーのsetsukoさん(@setsuko_20)。手取り20万円家計のやりくり術を教えてもらいました。

食費・衣類・レジャーなどは月45,000円でやりくり

やりくりのイメージ


手取り20万円家計のわが家に給料が入ったら、まず夫に「ありがとう! お疲れさま!」と感謝の気持ちを伝えます。これは重要(笑)。

そして、銀行に行き通帳記入&両替し、先月のやりくり費で余ったお金を振り分けます。硬貨は小銭貯金へ、紙幣は医療費の袋が月初めに10,000円になるように調整しているため、その足しにします。足りない場合はお給料から出します。

わが家のやりくり費(食費、外食費、日用雑貨費、子ども用品、衣服、娯楽・レジャー、交通費)は基本45,000円。これを月曜・水曜に2000円、金曜に4000円財布に追加します。こうしてお金の使い過ぎを阻止し、使わなければ財布の中身が増える仕組みです。

項目ごとの袋分けや1週間10,000円生活は断念

この家計管理に落ち着くまで、項目ごとに袋分けや1週間10,000円生活をしたこともありましたが、うまくいかず断念しました。

・項目ごとに袋分け
ちょっと足りないとほかの袋から拝借。気づいたらごちゃごちゃになって予算がなくなり、追加で銀行口座からおろすことになり×。

・1週間10,000円生活
月・火・水あたりはお金持ち、せっかくの土日なのに貧乏……。次の週から拝借。次の週も足りなくなり次の週から拝借……という拝借のループで予算がなくなり、追加でおろしてしまい×。

これらの失敗を踏まえ、生活のペースに合わせてお金を使うのではなく、お金のペースに合わせて生活をするようになりました。

受診をためらわないよう医療費は袋分けで月10,000円を確保

医療費のイメージ


項目ごとの袋分けは断念しましたが、医療費は袋分けで管理しています。

月初めに10,000円になるように調整して予算を確保。やりくり費で管理すると「病院に行きたいのにお金がない」「病院に行くとやりくり費が減る」と思い、病院に行きたいのに行くのをためらってしまうので医療費は別で設けることにしました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.