子育て情報『ちょっとした工夫でおむつ卒業!ママがやってよかったこと【体験談】』

2019年10月1日 14:35

ちょっとした工夫でおむつ卒業!ママがやってよかったこと【体験談】

目次

・朝起きてすぐトイレに誘う
・年上のお友だちの姿を見せる
・トイレに行くたびにシールを貼る習慣をつける
・著者:横田みお
笑顔の男の子のイメージ


子どもに早くおむつを卒業してほしいけれど、何から始めたらいいのかわからない……とお悩みのママは多いのではないでしょうか。私もトイレトレーニングをスタートさせたときは、周りのママ友に相談して、情報収集をしていました。そこで、私が工夫したこと、どんな方法で子どもが喜んでトイレに向かったかなど、実際に子どものおむつ卒業を経験した私の体験談を紹介します。

朝起きてすぐトイレに誘う

息子が2歳半になったときにトイレトレーニングをスタート。使っていた教材やお友だちの影響でトイレに興味を示していたので、「今がいいタイミングかな?」と思ったことがきっかけでした。

トイレトレーニングを始めたばかりのときは、まずは朝起きてすぐトイレに行く習慣をつけました。“朝起きてすぐ”は成功しやすいようだったので、成功体験をさせて少しオーバーに「すごいね! よくできたね」など、ほめてあげることが大切なポイント。

また、トイレに行きたくなるように、好きなキャラクターの補助便座を用意しました。狙い通り息子は補助便座に座りたくて1日のうちに何度もトイレに行きたいと言うようになったほどです。

年上のお友だちの姿を見せる

近くにいる仲のいいママ友のお子さんがみんな年上だったので、お兄ちゃんたちがトイレに行くときに一緒について行き、見せてもらうのも効果的でした。

最初は見せようと仕向けたわけではなく、息子が「ついて行きたい」と言って勝手にトイレへついて行ってしまったことがきっかけ。このとき息子はもう3歳目前で、保育園ではお兄さんパンツで生活していたのですが、普段のお出かけのときは不安なのか「おむつはかせて」と言っていました。自然と「お兄ちゃんみたいにひとりでしたい」という憧れを持ったことで、自発的にトイレに行くようになりました。

トイレに行くたびにシールを貼る習慣をつける

3歳半になった息子は、ほぼおむつがはずれていました。そんなときに訪れた寒い季節。「寒いからトイレに行きたくない!」と言うことが増えたので、大好きなシールを貼る“ごほうびシール表”を作成しました。 

ママ友にすすめられたこの方法は、教えてもらってすぐに実践した方法です。トイレで成功するたびにシールを貼ると、寒くても「トイレに行きたい」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.