子育て情報『優しい子や勇気のある子になってほしい!赤ちゃんの心を育てるキホン』

優しい子や勇気のある子になってほしい!赤ちゃんの心を育てるキホン

目次

・赤ちゃんの要求は応える
・甘えさせることは頑張る心の基礎づくり
・やさしいスキンシップをする
・0~4カ月ごろ
・4~8カ月ごろ
・8~12カ月ごろ
・12~18カ月ごろ
・ママだけの時間をつくること
赤ちゃんの心の成長のイメージ


こんにちは、保育士の中田馨です。赤ちゃんが生まれたら「優しい心を持った子に育ってほしい」「勇気のある子に育ってほしい」など、きっとママやパパの思いがあるはず。今回は、赤ちゃんのときからできる、赤ちゃんの心を育てる基本の話をします。

赤ちゃんの要求は応える

赤ちゃんは生まれたときから、生理的欲求として大人に要求をします。「おなかが空いた」「おしっこが出た」「眠たい」などです。赤ちゃんは泣くことで欲求を表現します。このとき、赤ちゃんが「してほしい!」という要求を満たしてあげることによって、体だけではなく心も満足し、それを満たしてくれたママやパパへの安心感、信頼感を感じます。このような経験が、信頼できる大人への「愛着」を築きます。

赤ちゃんが自分から発するこの要求に、ゆったりとした気持ちで丁寧に応えてほしいと思います。「おなかが空いたんだね」「眠たいんだね」と言って要求を受け止め、抱っこしたり、おっぱいやミルクを与えたりしましょう。

甘えさせることは頑張る心の基礎づくり

私の親の世代などは、赤ちゃんが泣いていると「抱き癖がつくから泣かせておきなさい」という時代でした。でも今は、「泣いていたら抱きなさい」と言われる時代です。赤ちゃんは、親に甘えて愛情を感じると「自分は大事にされている」という気持ちが育っていきます。この気持ちが育つと、自立心が育ちます。甘えさせることは、将来社会に出るときに「よし! やるぞ!」という頑張る心の基礎になります。

保育現場で、親に甘えることが足りていないAちゃんがいました。Aちゃんは、家で心が満たされないまま保育所に来るので、友だちのおもちゃを手あたり次第に奪い取ったり、たたいたり、突き倒したりしました。また、保育士を独り占めしたい欲求がとても強く出ました。ぜひ、子どものそういったサインを見逃さず、子どもが満足するまで甘えさせてあげましょう。

やさしいスキンシップをする

赤ちゃんはママの笑顔と優しい声が大好き。どんどんスキンシップをしてほしいなと思います。赤ちゃんとふれあうときは、「笑顔」「抑揚のある大きい話し方」「赤ちゃんと目と目を合わせる」という3つが基本です。月齢ごとにどんなスキンシップがあるか一例を紹介します。

0~4カ月ごろ

新生児のときは、ほっぺなど体を優しくツンツン、サスサスからスタート。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.