子育て情報『「離婚に反対!?」修羅場にいた友人がサレ妻に告げた離婚しない方がいい「お金以外のワケ」とは?』

「離婚に反対!?」修羅場にいた友人がサレ妻に告げた離婚しない方がいい「お金以外のワケ」とは?

「離婚に反対!?」修羅場にいた友人がサレ妻に告げた離婚しない方がいい「お金以外のワケ」とは?


結婚10年を迎える夫婦に訪れた離婚危機。離婚すべきか、我慢すべきか、そもそも離婚して生活できるのか―。さまざまな思いが交差するお話です。

修羅場から脱出し、夫が逃げ込んだのは、不倫相手である亜美さんの家。すると亜美さんは「離婚する気はあるんだよね?」と確認しました。亜美さんとも一緒にいたいけれど、娘も失いたくない(妻に養育費を払いたくない)夫は、自分と亜美さんで娘を育てたいと考えましたが、亜美さんに「子どもはムリ」と先に釘をさされたのでした。

そのころ、マンションで妻は…


離婚には反対です15


離婚には反対です15


離婚には反対です15


離婚には反対です15


離婚には反対です15


離婚には反対です15


離婚には反対です15


離婚には反対です15


離婚には反対です15


離婚には反対です15


離婚には反対です15


離婚には反対です15


離婚には反対です15


離婚には反対です15


離婚には反対です15


離婚には反対です15


離婚には反対です15


この修羅場を見守っていた大学時代の友人・美咲さんとタカさんは、どちらも妻・景子さんに「今は離婚しないほうがいい」と言います。その理由として、美咲さんは経済的な問題を挙げました。しかし、タカさんはまた別の理由があると言います。それは、亜美さんとの結婚を望んでいる夫だからこそ、今、景子さんが妻の座を明け渡せばすぐに不倫相手と結婚することができ、夫の思うツボになってしまうから、ということ。タカさんは、夫に「世の中はそんなに甘くないと教えるべきだ」というのです。

離婚後の経済的な問題は大きな問題ですが、タカさんのように「これでは夫の思うツボ」という考え方は、意外と盲点のように思います。衝動的に離婚するよりももっといい方法がある、ということですよね。このような考え方を知れたことだけでも、離婚の話し合いの場に第三者を入れたのは、正解だったように思いますね。

>>次の話

紙屋束実さんの連載は、以下のブログからもご確認いただけます。ぜひチェックしてみてくださいね。

著者:マンガ家・イラストレーター 紙屋束実

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.