子育て情報『冬は子どもと北海道! 親子でパウダースノーを満喫できる札幌市内スポット』

2017年12月19日 12:29

冬は子どもと北海道! 親子でパウダースノーを満喫できる札幌市内スポット

北海道と一口に言っても広いですよね。帯広、旭川、釧路に網走、稚内、それぞれに近い空港もありますし、もちろんそれぞれに魅力もあります。けれど限られた日程で回るには冬の北海道は厳しいもの。雪による高速道路の封鎖や速度規制、はたまた、暴風雪に巻き込まれることもあるんです。初めての場合は、欲張らず拠点を一ヶ所に絞って、旅行するのがおすすめです。なかでも札幌市内は子どもと一緒にお得に遊べる場所が満載です。札幌在住の筆者が案内します。

札幌市街地近郊で遊ぶ

2月には札幌最大のイベントともいえる「サッポロ雪まつり」が開催されます。メイン会場は札幌市の中心「大通公園」、そして「つどーむ」です。大通公園には雪像の展示のほかに、氷や雪のすべり台が登場し、毎年子どもたちでにぎわいます。スノーボードの観戦も見ものです。「つどーむ」では、大きなタイヤにのって雪山を滑る「チューブ滑り」や、雪原での「スノーフットゴルフ」など遊べる要素が盛りだくさんです。雪まつりに行く場合、平日の午前中だと比較的人が少なくたくさん遊べますよ。

yukimaturi


「雪まつり」もいいけれど、その期間は費用的にも日程的にも難しいという方でも大丈夫!子どもとじっくり雪で遊びたいという方におすすめの場所が市内にはたくさんあります。

■滝野すずらん丘陵公園
広大な園内には、小さなスキー場を併設しており、市内でも最もお手軽な価格でスキーができるというだけでなく、スノーウェアがレンタルできるので、公園内で自由に思いっきり転がりまわって雪遊びができます。期間中は毎日200円で各種スキー教室も行っており、初めての子どもも大人もお手頃に初滑りを楽しめます。また、市内最大級のチューブ滑りや歩くスキー、スノーシューなども楽しめる場所となっています。室内の遊技場もありますので、小さな子どもが一緒でも楽しめるスポットです。

そのほかに、「さとらんど」や「モエレ沼公園」などでも、歩くスキーやソリ滑り、チューブ滑りは楽しめます。どちらも大きな公園のため入場無料で、歩くスキーなどのレンタルは200円程度です。

■中島公園
郊外のこれらの公園まで行く時間もない方でも、大丈夫。大通駅から歩いても行ける「中島公園」でも、歩くスキーが楽しめます。こちらはチューブ滑りの設置はありませんが、北海道では100円ショップでも簡易ソリが売っているので、小さな雪山を利用してカンタンに遊べます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.