子育て情報『子どもを乗せてもいいの?バイクに乗るとき気を付けることは』

2018年7月26日 12:29

子どもを乗せてもいいの?バイクに乗るとき気を付けることは

レンタルバイクで感じる懐かしく心地いい「風」

我が家は夫婦そろってバイク乗りです。若い頃はお互いにバイクを持っていて、いろんなところに走りに行ったものです。
でも、女性ライダーの多くはママになったと同時に、バイクを卒業することが多いのではないでしょうか。

私もそうでした。

目次

・レンタルバイクで感じる懐かしく心地いい「風」
・子どもをバイクに乗せてもいい?
・安全に乗るためにどうしたらいい?専門家からのアドバイス
・「二輪=危険」ではなく、「いかに安全に二輪に乗るか」を伝える

一番上の子の妊娠5カ月の時に、当時の愛車を手放しました。

現在我が家は、夫が通勤に使っているスクーター(125cc)のみです。
でも、最近はレンタルバイクのシステムが整ってきています。冬のあまり乗らない時期のお手入れのことなどを考えずに、好きな時にその時の気分にあわせてバイクをレンタルすることもできます。
私も最近はたまーに、レンタルバイクを利用して、あの懐かしい「風」を感じて楽しんでいます。

DSC_3046


子どもをバイクに乗せてもいい?

ところで、ママライダーはバイクに子どもを乗せるのか?
「無理無理!危ないし」
そんな声が聞こえてきそうですが、3人姉弟の我が家、3人一緒に出掛ける時には使えませんが、保育園の送迎や、習い事の送迎など、一人だけ移動というような時には、結構小回りが利くので活用しています。

でも、ママ友に「大丈夫?危なくない?」と言われることもしばしば。
「二輪=危険」そんなイメージを持っている方も多いかもしれません。確かに、事故をした時のことを考えると危険は伴います。でも「バイク=危険」なわけではありません。

では、「安全に乗る」にはどうしたらいいか、考えてみましょう。

我が家では子どもをバイクに乗せる時のルールがあります。
・長袖長ズボン、グローブ着用
・サンダル禁止
・4歳の誕生日が過ぎるまでは乗せない
・タンデムベルト(子どもの落下防止用ベルト)着用

DSC_3293

我が家の子ども用バイクセットです

うちの子どもは、ほんの5分の乗車時間でも、寝ます。「えー、もう寝たの?」と言いたくなるくらい、すぐ寝ます。私の実感として、小さいうちはタンデムベルトは絶対的な必需品だと思っています。

この他に、ヘルメット着用だとか、運転者の後ろに乗せる(スクーターの前部分には乗せない)など、道路交通法で定められているルールについては、言うまでもありません。保育園の送迎などで、時々、50ccスクーターの運転者の足元付近に子どもを立たせて乗せているのを見かけることもありますが、それは法律違反です。50ccの二輪車は、子どもであっても二人乗りはできません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.