子育て情報『寝起きのぐずぐず30分が5分に!うまくいった2つの作戦』

2019年8月29日 17:30

寝起きのぐずぐず30分が5分に!うまくいった2つの作戦

朝が苦手な子どもたち、どうやって起こしていますか?

お子さんの目覚め、いかがですか?
わが家は3人の子どもがいますが、どの子も起こしても起こしても、なかなか起きてくれません。知り合いの子どもは自分で目覚まし時計で起きてくると聞き、そんな子がいるのかと仰天しました。
わが子たちは1歳を過ぎ、おしゃべりもできるようになった頃から、起こしても起こしてもなかなか起きてくれず…。いえ、無理やり立たせたら起きることは起きるのですが、起きた後、朝ごはんを前にして座ったままでなかなか進まない、着替えさせるのも機嫌が悪くて泣くか怒るか。まともに動き出すまでに30分はかかってしまうのです。
朝の30分、働く母にとってはとても貴重。こちらもイライラ、子どももごきげん斜めで…。

目次

・朝が苦手な子どもたち、どうやって起こしていますか?
・やさしい歌声で、こちょこちょ遊びも取り入れて!
・朝からアクロバティックに、ひこうきブンブン
・太陽光を浴びさせて、じわじわ、少しずつ

今回は、そんな状況を打破するためにどうやったら効率よく、気持ちよく起きてもらえるか、わが子にいろいろ試した中で一番効果的だったものを紹介します。

寝起きのぐずぐず30分が5分に!うまくいった2つの作戦

きょうだい重なり合っても爆睡です。さて、これを起こすにはどうしたものか…

やさしい歌声で、こちょこちょ遊びも取り入れて!

声をかけてもかけてもなかなか起きてこない!するとこちらも、イライラ~っとして、「早く起きて!」と大声を出したくなりますが、そこはグッとこらえて。やさしい歌声で少しずつゆさぶりをかけていきます。
わが家の定番は、ふれあい遊びの「きゅうりができた♪」
歌にあわせて、なでなでしたり、ゆさゆさしたり、トントン切って、最後は「いっただきまーす」で、こちょこちょ。
いきなりくすぐると、子どもも不機嫌になりがちですが、その前のゆさゆさで少しずつ目覚めているようで、こちょこちょが来る頃には、半分目覚めて身構えています。
くすぐることで完全に目覚めたら、「つかまって~!」と声をかけて起き上がるのを手伝って(←これ大事!あくまでも「一方的」でなく「一緒に」のスタンスで)、よいしょと立たせて仕上げです。

朝からアクロバティックに、ひこうきブンブン

歌で起こす方法がちょっとじんわりなのに対して、こちらは激しめ。カウントダウンで飛行機が飛び立ちます。
「朝ですよ~。飛行機出ますよ~。もう行っちゃうよ!5・4・3…」で、小さい頃はすねに乗せてわきを支えて、少ししっかりしてきたら、足の裏に乗せて高く飛行機。少し揺らしてあげると目覚めるようです。行けそうな時は、飛行機を通り超して、くるりんぱで頭の上に着地させます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.