子育て情報『子どもの自己肯定感を育む…でも親が自己肯定感低め。どうすれば?』

2019年9月30日 17:30

子どもの自己肯定感を育む…でも親が自己肯定感低め。どうすれば?

「自己肯定感を育もう!」最近、子育て関連本やサイトで頻繁に目にします。
理想はそうありたいけれどなかなか難しく、自己肯定感低めの私は、このキーワードが少し苦手です。しかしあるセミナーをきっかけに、“自己肯定感”の認識が変わっていきました。

勘違いしていた自己肯定感

8月のある週末、私は広島で開催された子育てセミナーに参加しました。講師はNHKすくすく子育ての元キャスターであり、現在はフリーアナウンサー、また「NPO法人おやこみゅ」の代表を務める天野ひかりさん。ご自身も高校生のお子さんを育てるママです。

目次

・勘違いしていた自己肯定感
・大きく強い器(自己肯定感)を育てよう
・日々の実践は、言葉がけ=コミュニケーション
・では、母親自身の自己肯定感は?


子どもの自己肯定感を育む…でも親が自己肯定感低め。どうすれば?


「さてみなさん、子育てで一番大切にしていることは何ですか?」
まず自分の考えを書きだし、数人のグループで話し合いました。
3人の娘を育てる私が大切にしていることは、それぞれの気持ちに共感し、嬉しいことも悲しいことにも寄り添うこと。
他にも様々な意見が出ましたが、天野さんの答えは「自己肯定感を育てること」でした。

私は子どもたちが何事も前向きに挑戦できるよう、また自信をつけられるように、様々な経験やチャレンジをさせてきたつもりです。しかし本当に子どもたちの自己肯定感が育っているのかは分からない。また自信もありません。
「自己肯定感とは、常に自信にあふれたポジティブな印象がありますが、実は自分の弱い部分も含めて認められる心のことなんですよ」と天野さん。

子どもに必要なのは、“長所だけでなく、欠点もそのまま認められ、愛され、必要とされること”。そしてそれこそが私たち大人が子どもに対してできる、一番大切なことなのだそう。

欠点を欠点として認めるなんて意識したこともない、欠点はクリアするように努力すべきだと思っていた私は、ハッとしました。
どんな自分でも親や家族から愛されていると感じられる子は、「私は私だから大丈夫!」という強い心が育ち、新しいことに挑戦したり、壁にぶちあたってもそれを乗り越えられる力をつけていきます。また相手の立場に立って気持ちを考えることもでき、ひいてはそれが“自立”につながるのだそうです。

大きく強い器(自己肯定感)を育てよう

自己肯定感に関してもうひとつ興味深い話を聞きました。

“知識”が水だとしたら、それを入れる器が“自己肯定感”だと天野さんは言います。「器にはたくさんお水が入ったほうがいいですよね。それなら器は大きくて強い方がいい。だから知識を入れるより先に、しっかりとした器=自己肯定感を育てることが大切です」。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.