子育て情報『4歳と1歳の息子が夢中に!立川の新名所「PLAY!」に行ってみた』

2020年9月18日 11:20

4歳と1歳の息子が夢中に!立川の新名所「PLAY!」に行ってみた

4歳と1歳の息子がいるわが家。身体を動かせて、適度に休めて、天気に左右されなくて、何より楽しい!そんな場所の情報をいつもチェックしています。
今回は、東京の立川に誕生した新街区「GREEN SPRINGS」の一角に、6月にオープンした「PLAY!」へ行ってきました。その魅力をレポートしたいと思います。

JR立川駅から徒歩5分!車のアクセスも◎

「PLAY!」は、子どものための屋内広場「PLAY!PARK」と、大人も子どもも楽しめる美術館「PLAY!MUSEUM」を核とした文化複合施設。
入場制限や室内の換気・消毒など新型コロナウイルス対策が実施されていて、安心して家族で楽しむことができました。
アクセスは、JR立川駅から徒歩5分というのは子連れにうれしい立地!わが家は車で行ったのですが、駐車場が地下にあり、雨が降っていてもぬれることなく館内へ出入りできるのもありがたかったです。

大きなお皿が目印の屋内広場「PLAY!PARK」

「PLAY!PARK」は、GREEN SPRINGSの3階にあります。思い切り体を動かせる、直径22mの巨大なお皿が特徴的!
そのほかにもさまざまな廃材で創作できる工作エリアや、絵本や木製玩具で遊べるエリアなどがあります。
制作好きな息子が、入場後一目散に向かったのは工作エリア。いろいろな種類の廃材に目を輝かせていました。そんな廃材を使って次から次へと生み出される作品は、親バカながらどれも名作(笑)。

目次

・JR立川駅から徒歩5分!車のアクセスも◎
・大きなお皿が目印の屋内広場「PLAY!PARK」
・成長し続ける美術館「PLAY!MUSEUM」
・合わせて楽しむのがお得!


4歳と1歳の息子が夢中に!立川の新名所「PLAY!」に行ってみた


鉛筆の芯を抜いた廃材で作ってくれた、パパとママへのお揃いネックレスは、今でも自宅に飾ってあります。

4歳と1歳の息子が夢中に!立川の新名所「PLAY!」に行ってみた


制作した作品はその場に展示することができます。タイミングが合えば、次回来館時にも自分の飾られた作品を見ることができるかも。
また飾らずに持ち帰ることもできるので、どちらかを選択できるのも子どもたちにとってはうれしいですよね。

4歳と1歳の息子が夢中に!立川の新名所「PLAY!」に行ってみた


また、直径22mの巨大なお皿の中で行われた、親子向けのライブパフォーマンスは、臨場感にあふれ、子どもたちはもちろん、私たち大人にとっても、刺激的でとても楽しめました。

成長し続ける美術館「PLAY!MUSEUM」

「PLAY! MUSEUM」は、GREEN SPRINGSの2階にあります。
私たちが訪れた2020年8月は、企画展「tupera tupera のかおてん.」と常設展「エリック・カール遊ぶための本」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.