子育て情報『大人の正義感で不登校を「問題」にしちゃってません?発達障害の息子が語った、学校に行かない理由』

2016年10月19日 14:00

大人の正義感で不登校を「問題」にしちゃってません?発達障害の息子が語った、学校に行かない理由


学校生活を楽しんでいるかに見えた息子。ある日から登校を渋るように

大人の正義感で不登校を「問題」にしちゃってません?発達障害の息子が語った、学校に行かない理由の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161005339

2学期が始まり2週間ほど経ったころ、アスペルガー症候群を持つ小学1年生の息子・ハルが、「学校へ行きたくない」と登校を渋りました。

勉強も運動も得意で、コミュニケーション能力が高く友人が多い息子が、そんなことを言い出すのは、私にとって意外なこと。

しかし、「夏休み明けに疲れが出て休みたがる子は多い。大抵の子はすぐにまた学校へ行きたがるから心配ない」というような話をどこかで聞いたことがあった私は、さして気にはしませんでした。

ただ、何かしらの問題を抱えていて言い出せない、という可能性も危惧し、念のため理由を聞いてみることに。すると、「何かあったわけじゃない。でもうまく言えない」と言い、困ったような表情を浮かべました。

同じアスペルガー症候群の私自身にもあることなのですが、自分の感情をすぐさま理解できなかったり、心の中にある思いを上手く言語化できないことが、息子にはしばしばあるのです。

ですからここで無理に聞こうとしても、ますます困るのが目に見えているので、「整理がついたら教えてね」とだけ伝え、私は息子の要望を聞き入れ、欠席する旨を学校に連絡しました。


3日後に学校から電話が。一方的に話を展開する先生についカーッときた私は…

大人の正義感で不登校を「問題」にしちゃってません?発達障害の息子が語った、学校に行かない理由の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28144081924

そんな調子で3日休んだとある週末、担任の先生から電話がかかってきました。

先生「このままですと、息子さんは不登校になる危険がありますよ」

私「危険?何が危険なんですか?しかも、たかだか3日で…」

先生「きっとハルさんは“こう言えば学校を休める、嫌なことから逃げられる”ってパターンがわかってるんですよ。休み癖が付いてきてるんじゃないですか?」

私「休みぐせ?何ですかそれ?息子は息子なりの理由があるのかもしれなくて、今は言葉にまとめられないと申し上げたじゃないですか!!」
先生「だってそうとしか考えられませんよ、この状況は」

冷静に話さなければならないのはわかっていましたが、息子なりに理由を整理しようとする姿を見ていた私。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.