子育て情報『発達障害と向き合う努力と母親の愛情が、いま栗原類さんを輝かせている 【新著レビュー】』

2016年10月13日 15:00

発達障害と向き合う努力と母親の愛情が、いま栗原類さんを輝かせている 【新著レビュー】


発達障害であることを公表した栗原類さん、初の自叙伝の見どころを紹介!

発達障害と向き合う努力と母親の愛情が、いま栗原類さんを輝かせている 【新著レビュー】の画像

出典 : https://www.amazon.co.jp/dp/4046017775/

今月10月6日に、モデルの栗原類さんの自叙伝である『発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由』が発売されました。最近はモデルとしてだけでなく俳優としても活躍する栗原類さんは、昨年5月に自身が発達障害(ADD)の診断を受けていることを公表しました。

今回の自叙伝はそんな類さんが自分自身について振り返り、これからの夢を語る1冊となっています。ミステリアスな雰囲気を醸し出している類さんは、日々の生活で何を感じ、何を思い、何を考えているのでしょうか。

著書に収められている、母親である栗原泉さんや主治医である高橋猛さんによる類さんの幼少期の振り返り、友人である又吉直樹さんとの対談からは、栗原類さんが「輝ける場所」を見つけるまで支え続けた人の存在がうかがえます。

https://www.amazon.co.jp/dp/4046017775
「発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由」 著: 栗原類


「ネガティブすぎるモデル」でブレイクした栗原類さん。本当はどんな人?

発達障害と向き合う努力と母親の愛情が、いま栗原類さんを輝かせている 【新著レビュー】の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10568002221

筆者・栗原類さんは1994年生まれの21歳。日本人の母親である栗原泉さんと、イギリス人の父親との間に生まれ、ニューヨークと日本を行き来しながら育てられました。

小さいころから忘れ物が多く、注意力が散漫であった筆者は、8歳のときにアメリカのニューヨーク市で発達障害の一つである注意欠陥障害(ADD)との診断を受けます。

ADDとは、attention-deficit disorder の略で、注意力の低さや集中力の短さなどの症状を一つの障害としてみなしたものです。現在ではADHDとして診断されるこの障害ですが、他の人からは「障害がある」ことは一見すると分かりません。

例えば、類さんの障害の特性には以下のようなものがあります。・ついさっき言われたことが数分後に思い出せなくなってしまう
・人の表情などから相手の気持ちを読み取ることが苦手
・うれしい気持ちや楽しい気持ちを表情にすることが苦手

こういった特性のために、人とのコミュニケ―ションがうまくいかない場面もあり、少年時代はいじめに悩まされたり、不登校になったりと、「生きづらさ」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.